豊かな自然で安全な野菜 濱農産
ホーム
商品のご案内
私たちのビジョン・こだわり
作物ができるまで
日記
会社概要
お問い合わせ
アクセス
リンク

注文カゴ

日記

追加分のトマトを植えました (09/07/06)

突然ですが、ぶどうに実がつくのは、
3〜4年程かかるそうです。

ぶどうが根を張るまでの長い間、
多くのスペースが無駄になるわけです・・・

と、いうわけで、
植えちゃいました。トマト。

いままでトマトとぶどうの混植は聞いたこと無いわけですが、
上手くいけばかなりの無駄を消化できることになります。

←トマトとぶどうが同時に植えられているの図


トマトの花が咲きました。 (09/05/25)

トマトの苗の高さが40〜50cmほどになり、
ちらほらと花が咲き始めたので、
マルハナバチをハウス内に放ちました。

働き者のハチが花粉を運んでくれるおかげで、
トマトが実を付ける準備が出来ます。

これからまだまだトマトの背丈が伸び、
花も数多く咲きますが、
多くの実が付くのが楽しみです。

ただ、ハチの羽音はちょっと怖いです^^;


白菜出荷開始 (09/05/10)

3月より育て始めた春白菜が、
本日初出荷となりました!

雨が少なくて水やりの必要が多く大変でしたが、
ようやくここまで育ちました。

農地自体も美星町に65a(!!)もの畑を開墾し、
今年は3万株↑の白菜を植えたので、
相当な量の出荷が見込まれます。

収穫は大変ですが、
良い白菜をお届けさせていただければ幸いです!!


トマト定植 (09/05/02)

本日、トマトの定植を行いました!
穴を掘って水を入れた後に、一つ一つ丁寧に植え込みました。

いままで温室内で寒さに守られながら育った苗たちも、
いよいよ広いハウスに移し替えられ、
寒さや風にさらされるのかと思うと心配な面もありますが、
この苗たちが7月には立派な実を付けると思うと楽しみです。

むろん、これから更にキメ細やかなお世話が必要ですが、
美味しいトマトをお届けするためにも頑張りたいと思います!


新しい作物! (09/04/29)

1月から3月頃までかけて、
母屋前の畑に新作物のための支柱を組み上げました。

その作物とは・・・
「ぶどう」です!

ひとまず現在は苗木を寒さから守っていた藁を外し、
かわりに傘を被せたところです。

おいしい実を付けるまで3年掛かるそうで、
商品として出せるのはまだまだ先です。

ぶどう棚は相当立派なものを組み上げていますので、
負けない位、立派なぶどうに育って欲しいものです。


トマト定植準備中! (09/04/26)

しばらく更新が出来ず申し訳ありません。

トマトの定植準備も進んでおります。
写真右のようなトマトベットの準備も終え、
あとは苗が大きくなるまで待つばかり。
とは言っても、まだまだ赤ちゃんのトマトです。
毎日の水やりと温度管理は欠かせません。
大事に育てているので、元気に育って欲しいものです!

さてさて、濱農産も着々と事業拡大中。
更新できなかった間に大きな動きがありましたが、、、
それは後々伝えて行きたいと思います。


冬の芸術part2 (08/12/07)

今朝は昨日より更に冷え込み氷点下5℃。
昨日の霜柱も綺麗に残っていました。

そんな中、新たな“芸術”作品を発見しました。
トマトのシーズンが終わり、ハウスのビニールを撤去しているときのことでした。
ハウスからトマトはいなくなっても、冬の寒さが楽しませてくれました。 


立派な霜柱 (08/12/06)

12月に入り、またも強烈な寒気がやってきました。
今朝の気温は、氷点下3℃。日中も3℃までしか上がらず、
日陰では雪や氷が一日中残っていました。

この立派な霜柱も、綺麗なまま。

いつも自然の芸術が私たちを楽しませてくれています。


晩秋の午後 (08/11/29)

11月ももう終わりに近づき、弥高山の様子も変わってきました。
軒下の干し柿も、まわりの山もいい色になって。。。

日々変わりゆく風景を見ていると、
秋も終わりに近づいていることが実感できます。

お野菜たちも私たちも、ここで自然を感じながら生きています。


トマトがこんな状態に (08/11/24)

先週の寒気で“凍傷”になってしまったトマトは、
数日たってこんな状態になりました。
トマト自体が柔らかくなり、朱色がかった色に変化。
味も薄く、にゅるっとした食感です。

ここまで大きくなったのに。。。



次のページ>>